So-net無料ブログ作成
検索選択

マリオ・ビオンディ / "HANDFUL of SOUL" [jazz / Male Vocal]

Handful of Soul


Artist : Mario Biondi
Title : "HANDFUL OF SOUL"
Release : 2006
Style : Jazz (malevocal)
jazzっぽさ・・・★★★☆☆ (3/5p)
お気に入り度数・・・ ※最高は5つ

 僕のお気に入り、イタリーのゴキゲンなバップ・グループ、ハイ・ファイヴ・クインテットが全面的に演奏を担当するヴォーカル・アルバム。主役のヴォーカリストは身長2mを超すと云うシチリアン、マリオ・ビオンディ。バリトン・ヴォイスで聴かせる歌はいぶし銀のレア・グルーヴ・ナンバー。70年代のブラック・ミュージックやジャズ、ブラジリアンのフレイヴァー薫るそのクロス・オーヴァーな肌触りは、さすがの曲者ルチアーノ・カントーネ率いるSCHEMA(スケーマ)・レーベルならではのセンス。それに、クラブ向けのプロダクトで知られる同レーベルとは云え、本作は全編打ち込み無しの人肌人力グルーヴなので妙な「作り物」感は一切無し。コイツはかなり渋くてカッコイイアルバムだよ。

続きも読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

ソフィー・ミルマン / "MAKE SOMEONE HAPPY" [jazz / Female Vocal]

Sophie Milman

Artist : Sophie Milman
Title : "MAKE SOMEONE HAPPY"
Release : 2007
Style : jazz (female Vocal)
jazzっぽさ・・・★★★★☆ (4/5p)
お気に入り度数・・・ ※最高は5つ


 色々な意見は有ると思うのだが、先ずは冒頭から言い切ってしまおう。ソフィー・ミルマンのデビュー第2作目は想像以上に素晴らしい出来映えだった!、と。

 2004年リリースの前作もとても好い内容だったとは思うけど、熱唱型があまり得意でない僕にとってはちょっと歌い方が「熱すぎる」とも感じていた。たまに聴くには悪くないんだけれど、普段から繰り返しローテーションするには少々キツいかな~、って具合に。いくら美味しいワインだって、毎日こってりとジャムのように濃いヤツばかり飲み続けていたら、舌だってきっと疲れちゃうでしょう?。

 しかし、そんな僕の彼女の歌に対するイメージは、この新作に依ってすっかり塗り替えられてしまった。持てる力の全てを歌に詰め込もうと声張り上げて頑張ってた感の有る前作に較べて、好い具合に力の抜けた、なんとも心地良いゆとりに満ちた仕上りになっていると思えるのだ。

続きも読む?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。