So-net無料ブログ作成
検索選択

センシュアル / "SALVE" [Adult Contemporary]

Sensual_Slave.jpg
Artist : Sensual
Title : "SALVE"
Release : 2008
Style : BPM (=Brazilian popular Music) / Adult contemporary(female Vocal)
jazzっぽさ・・・★☆☆☆☆ (1/5p)
お気に入り度数・・・ ※最高は5つ


 今回のネタはオランダ在住の方からお土産として頂いた音楽CD[CD]をご紹介してみたいと思います。Eva Kieboomと云う女性ヴォーカリストを擁する5人組、Sensualの2008年作です。どうやら、ここ日本では国内盤発売はおろか輸入盤でさえ入荷していない模様で、少なくとも大手の量販型店数社でnet検索しても、一切情報が引っ掛かりません。ひょっとして、今のところ僕の手元にあるCDが日本で唯一の盤だったりして?(さすがにそんなコトも無いとは思うけどね~・・・[わーい(嬉しい顔)])。

このエントリーは、もう1つの拙Blogである"Hearts and Numbers"に掲載したものを、当音楽専用Blog"jazzっぽいの、好き?- Due"に再掲載しなおしたものです。



 

 このアルバム、そもそもはかの地にご在住のInatimyさんに、このブログのコメント欄で教えて頂いた作品だったのですが、アーティストのオフィシャル・サイトに行って試聴してみると、これがなかなか好みのヴォーカルとサウンド。その時点でかなり気に入ってしまいました。が、どう調べてみても日本の一般小売店では扱いが全く無い模様(但し、HMVでなら前作『Acostico』が購入可能)で、海外サイトを使う以外には手に入れ様が無さそうです。ですから、この時はどうにかしても必ず手に入れようなんて、ゆめゆめ考えてもいなかったのです。他意無く、単純に頂いたコメントの返信として、いいな~、このアルバム欲しいなぁ~[揺れるハート]と書いたのですが、これが結果として、この度日本に一時帰国することとなったInatimyさんに大変なご迷惑(=おみや)を掛ける要因となってしまいました(汗)。本人、至ってそんなつもりじゃなかったんですが、ほんとに申し訳ありません~(><)[たらーっ(汗)]


 楽曲は全11曲中、スティービー・ワンダーのカヴァー⑧を除く10曲がポルトガル語で歌われるオリジナル曲で、サンバ等の軽やかなブラジリアン・リズムをセンス良く溶かし込んだそのサウンドは、素地としてジャズやフュージョンのカラーを感じさせるもの。黙って聴かせられたら、きっと誰もオランダのグループのアルバムだとは思えないでしょうね。インナーの写真を見る限りは全員20代半ばくらいに思える若いバンドですが、「jazzっぽい」音楽を嗜好するワタクシとしては彼らの音は、ばっちりのストライク・ゾーンです[るんるん]

 軽快な16ビートでスタートする①では、弦楽器をやっていた人なら先ずメロディアスに弾むベースに耳が行くんじゃないかな。プレイしているのはメンバーのSteve Happelと云うベーシストですが、このベース・サウンドを聴いただけで、「おっ、ただのポップ・ユニットじゃないな!」と思われるハズ。生ドラム、パーカッションと共に、グイグイとテンポ良く曲を引っ張るボトムの隙間は、コードを奏でるローズがシンプルに埋め、モノ・フォニック的なシンセの使い方も適度に70~80年代っぽさを感じさせてくれるなど、mellow groove系が好きなAOR世代にも十分訴求力が有りそうなサウンド・センスです。このキーボディスト、Emiel van Rijthovenがバンドのキー・マンのようで、プロデューサーのクレジットも彼の名前が単独で記されています。

 一転してしっとりと落ち着いたバラッドの②は、歌詞の単語を断片的に追っていくとなかなかに詩的な愛の歌の模様。ブラジルのポップ・ソングには、1964年から85年まで続いた軍事独裁政権下にあった影響からでしょうか、文学的と云うか、非常に婉曲的な比喩表現を用いた詩が多かったりするものですが、ひょっとしたら彼らは作詞面でもそう云った時代のブラジル音楽の影響を受けているのかもしれませんね。ま、兎にも角にもポルトガル語がほとんど解らないのが悲しいです[もうやだ~(悲しい顔)]。誰かちゃんと訳してくれる人いないかなぁ~。

 ヴォーカル、Evaの歌声は取り立てて個性的ではないものの、誰が聴いても嫌味を感じさせない声質。中音域が伸びやかで、女性的な甘さよりは爽やかさが引き立つタイプかな。ベタつかないので夏向きの声と云ってもイイかもしれません。例えば、ゲスト・ミュージシャン、ギタリストのAntone Goudsmitのフルアコ・カッティングとローズの響きが混じり合う、心地良いジャズ・ワルツ的な③でのヴォーカルなど、時にはバーシアを思わせる瞬間もあって、その朗々とした歌いっぷりにはとても好感が持てます。ちなみにこの曲は、タイトルもそのまま日本語に訳せば“アムステルダムの夏”。②でも「アムステルダムの海に橋を架ける」なんて一節があるけど、彼らはアムステルダムっ子なのかな?。

 なお、彼らのオフィシャル・サイトを経由したYouTubeでこの曲のリハーサル・セッションの一部、②“UMA PONTE”のライブ・ステージの模様などが動画で観ることが出来ます。後者は固定パンのビデオ・カメラの前を無邪気に遊び回る子ども達が平気で横切る、至ってのどかなもの(笑)ですが・・・。

Official Site → http://www.bandasensual.com/ ※MP3による高音質試聴が出来ます。
[映画]YouTube → http://nl.youtube.com/profile?user=evakieboom

 以下の楽曲はまとめてご紹介。

 ⑤は軽快なサンバで、カルロス・ジョビンを彷彿させる。続く⑥、⑦はともにしっとりとした歌い口のミディアム・ナンバー。⑧は前述のスティービー・ワンダーのカヴァーで、ハモンド・オルガンのスカスカしたエア感を生かしたソフト・レゲエ調。⑨は3管ホーンと甘い調べのナイロン・ギターをフィーチャーした、ちょっぴり熱いダンス・チューン。⑩はEvaによるポルトガル語のラップ(?)も聴かせるアップ・テンポ。ギターによる16分カッティングが入るせいか本作中一番にフュージョン的なアプローチを感じさせる。⑪アルバムの最後はたっぷりの哀感を湛えた美しいバラッドで、センチメンタルな音色のミュート・トランペットの音色が全体を支配する。ピアノはアコースティック・サウンド、ベースはアップライト、リズムはブラシで刻まれるジャズ・ナンバー。

01. O Desejo
02. Uma Ponte
03. O Verao em Amsterdam
04. Preludio de Tique-tim
05. Tique-Tim
06. Adao e Eva
07. Saudade
08. I Can't Help It
09.Quero Pirar
10. Salve Soul
11. Bola de Neve

SENSUAL :
Eva Kieboom / vocal
Emiel van Rijthoven / keyboads
Sven Happel / bass
Jasper Van Hulten / drums
Gijs Anders van Straalen / percussion

Guests :
Anton Goudsmit / guitar
Eric Vloeimans / trumpet
Markus ilmari / acoustic guitar

Producer :
Emiel van Rijthoven


 

 さて、最後にちょっと脱線しますが、ヨーロッパ発のブラジリアン・ポップで、唯一演奏しているカヴァー曲⑧が、かつてマイケル・ジャクソン『OFF THE WALL』(1979)で取り上げていた曲とあって、ここから僕は90年代半ばに日本でも3枚程アルバムをリリースしていたBrazilian Love Affairを思い出しました。こちらはブラジル生まれのイタリア育ちと云う女性ヴォーカリスト、ディレーネの1人ユニットで、その名はウルサ型が好むサウンドで、今もブラジリアン・スタイルのフュージョン作品としてつとに評価が高いジョージ・デュークアルバム(1979)のタイトルと同じもの。また、スティーヴ・ポーカロがTOTO在籍時にマイケルに書き下ろしたメロー・チューン“NATUREZA HUMANA(HUMAN NATURE)”やTOTO自体の人気ナンバーである“GEORGY PORGY”をカヴァーしていたこと等もあって、一部のブラコンやAOR系のファンからも注目されたものでした。オランダで彼女(=Brazilian Love Affair)のアルバムがリリースされていたかどうかは分からないけれど、Sensualはこれととてもよくコンセプトが似ている気がします。両者は名前からして、「情事」と「官能」ですもんね(^^;。

 丁度昨年の年末、このBrazilian Love Affairの1stアルバムが12年振りにアナログ・ビニール盤で限定再発!なんてニュースもあったくらいなので(要はダンス・フロアでの需要があった、ってコト)、同系統のコンセプトを持つこのSensualのアルバムも、日本できちんと紹介されれば、結構良いセン行きそうなんですけどねぇ。一度、友人の某LM師匠に聴かせてみようかしらん。

[映画]Blazilian Love AffairのYouTube動画、“Natureza Humana”のPV。こんなのあったんだ~、僕も初めて観ました[exclamation]http://jp.youtube.com/watch?v=y_chvUox1BQ

[CD]96年、98年作をまとめた2in1アルバム

Uma Brasileira/Rio de Janeiro Blue

Uma Brasileira/Rio de Janeiro Blue

  • アーティスト: Brazilian Love Affair
  • 出版社/メーカー: De Janeiro Blue
  • メディア: CD



[CD]2000年にリリースされたベスト盤

Best of Brazilian Love Affair

Best of Brazilian Love Affair

  • アーティスト: ブラジリアン・ラヴ・アフェア
  • 出版社/メーカー: トライエム
  • 発売日: 2000/10/25
  • メディア: CD



タグ:BPM AOR
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。