So-net無料ブログ作成

ニルス・ラングレン funk unit / "LICENCE TO FUNK" [Contemporary / Fusion]

Nils Landgren funk unit.jpg

Artist : Nils Landgren Funk Unit
Title : "LICENCE TO FUNK"
Release : 2007
Style : Jazz Funk / fusion
jazz度数・・・★★☆☆☆ (2/5p)
お気に入り度数・・・[手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)] ※最高は5つ

 こんなのがリリースされていたなんてちっとも知らなかったよ~[あせあせ(飛び散る汗)]。北欧ジャズ・シ-ンを牽引するスウェーデンのトロンボーン・プレイヤー、“REDHORN”ことニルス・ラングレンの最新作は、ニルスが若き頃よりファンとして憧れていたクルセイダーズジョー・サンプルとの共演アルバム『"Creole Love Call"』が縁で知り合ったレイ・パーカーJRが全面参加するゴキゲンなファンク・アルバム。そうと知ったら、80年頃にフュージョン&ブラコンに夢中だった人は、そそられちゃうよね~(^^。




 ニルスとレイは復活クルセイダーズが『RUAL RENEWAL』(2002)をリリースした直後のツアー(日本公演も含む)でもサポート・メンバーとして同じステージに立った間柄。そんな彼等が共にクリエイトする“ファンク・サウンド”を、聴く前に頭の中で思い描いてみたけれど、どう考えても僕には良いイメージしか浮かんでこない。70年代後半のクールなジャズ・ファンクに加えて、メロウなブラコン・テイスト(=Ray Parker,JR&Raydio)がミックスされたような音が勝手に頭に流れて来ちゃうんだなぁ~[わーい(嬉しい顔)]。これには聴く前から大いに期待せずにはいられない。

 僕のこのblogでは比較的に女性ヴォーカルを多く取り上げていることもあって、いつもしっとりムーディ(^^;な音楽ばかり聴いているように思われるのかもしれないけれど、実は80年代半ばから90年代始めくらいのまで時期は真っ黒け(笑)。ブラック・ミュージックが僕の一番のお気に入りだった。ブラコン~クワイエットストームからニュージャック・スイングに掛けての頃デスね。

 そんなワケで、今でも時々、パンチの効いたファンク系が無性に聴きたくなる時がある。さすがにもう、そればかりを1日ず~っと、とはいかないけどネ(^^;。空間系エフェクト一切無しのギターを、ほんの少しだけナチュラルに歪ませてそこにワウをかける、その音色でクッチョンクッチョンと刻まれる粘着度の高い(笑)なカッティング・サウンドとか耳にしちゃうと、沸々と血が騒いじゃうのだ。まさにそんなサウンドで始まっちゃうのが、このアルバムのM-1。ジェームズ・ブラウン率いるJB'Sのトロンボーン奏者、フレッド・ウェズリーのカヴァー。コテコテのファンキー・チューンだ。期待はしていたけど、ここまでベタなサウンドだとこちらも気恥ずかしささえ覚えてしまうんだけど、結局はこれが無性に気持ちイイんだよね~[るんるん]
 その他、オリジナル楽曲に加えてアシュフォード&シンプソンのM-4や、レイのM-9&M-10、やって当然(?)のクルセイダースM-11をカヴァー。それでも、トータルで聴いてみるとやっぱりどこかアメリカのファンクとは違うんだよね。どこかクールな気がしちゃうのは、やっぱりレイ以外のメンバーがみな北欧ジャズのミュージシャンだから、かな?。脳天気にハジけたい人は、この辺ちょっと不満かも(だからジャズ・ファンクなんだってば>ぢぶん)。僕はこんな具合が心地良いけどネ(笑)。
 
 また、このアルバムではもう1人、僕が注目したプレイヤーがいて、それはベーシストのマグナム・コルトレーン・プライス
 デトロイト出身のジャズ・トロンボーン奏者の父を持ち、ストックホルムで生まれた彼は1994年に『"B2b2"(BOUND2Bblack)』(バウンド・トゥ・ビー・ブラック)と云うソロ・アルバムを日本のBMGビクターからリリースしていた、ヴォーカル、ベース、ギター、キーボードにプログラミングもこなすマルチ・プレイヤー。、父の故郷デトロイトで過ごした少年時代の6年間にソウル、ジャズ、R&B、ファンクにHIP-HOPと云ったアメリカのブラック・ミュージック、カルチャーに触れると、14歳の頃から教会のコミュニティー・クワイヤでバンド活動を開始、ベースを演奏するようになる。音楽の道を志した彼はその後ストックホルムへ戻って音楽活動を本格的に開始。バック・グラウンド・シンガーなどを経て、イタリア系スウェディッシュのシンガー・ソングライター、マウロ・スコッコと知り合い、彼のレーベルからソロ・デビューを飾る。レーベル・メイトには当時売り出中だったリサ・ニルソンがいて、ティティヨジェニファー・ブラウンらの活躍と併せて“スウェディッシュ・ソウル”と呼ばれ、ここ日本でも注目を浴びた人。ちょっと懐かしいね。


01. House Party
02. Freak U
03. 24Hours
04. Stuff Like That
05. Slowfoot
06. Capetown Shuffle
07. At Home
08. Secret
09. SampleRayT
10. For Those Who Like To Party
11. Brazos River Breakdown
12. Tomomis Tune

■Musicians
Nils Landgren - trombone & vocals
Ray Parker Jr. - guitar & vocals
Ida Sand - keyboards & vocals
Magnus Lindgren - sax, flute & vocals
Magnum Coltrane Price - bass & vocals
Wolfgang Haffner - drums & vocals

Licence to Funk

Licence to Funk

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Act
  • 発売日: 2007/10/09
  • メディア: CD


YOUTUBE "For Those Who Like To Party "





[CD]ジョー・サンプルと共演の前作
Creole Love Call

Creole Love Call

  • アーティスト: Nils Landgren,Joe Sample
  • 出版社/メーカー: Highnote
  • 発売日: 2007/06/12
  • メディア: CD


[CD]本プロジェクトでヴォーカルとキーボードを担当する紅一点Ida Sandのソロ作。
Meet Me Around the...

Meet Me Around the...

  • アーティスト: Ida Sand
  • 出版社/メーカー: Act
  • メディア: CD


[CD]本作でサックス、フルート&ヴォーカルを担当するMagnus Lindgrenのソロ作
Paradise Open

Paradise Open

  • アーティスト: Magnus Lindgren
  • 出版社/メーカー: Caprice
  • 発売日: 2002/01/14
  • メディア: CD


[CD]本作でドラムス&ヴォーカルを担当するWolfgang Haffner のソロ作
Shapes

Shapes

  • アーティスト: Wolfgang Haffner
  • 出版社/メーカー: Act
  • 発売日: 2007/05/28
  • メディア: CD


[CD]レイ・パーカーJr,の最新ソロ・アルバム
I'm Free!

I'm Free!

  • アーティスト: レイ・パーカーJr,
  • 出版社/メーカー: Raydio Music
  • 発売日: 2006/07/11
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。