So-net無料ブログ作成

ローレンス・エルダー / “SURROUNDED” [Adult Contemporary]

Laurence Elder

Artist : Laurence Elder
Title : "SURROUNDED"
Release : 2006
Style : Adult Contemporary (male Vocal)
jazzっぽさ・・・★★☆☆☆ (2/5p)
お気に入り度数・・・ 
※最高は5つ


 たまには男性voアーティストも紹介しないとね(苦笑)。

 昨年秋の終わりくらいのリリース作品だったので、ちょっと今さら感も無くはないのだけど、一般市場ではほとんど気が付いて貰えていなかったんじゃない(?)ってくらい話題にならなかった、でもでもAOR系ファンへはかなりお奨め出来る1枚。主役のローレンスエルダーのボーカルはややアーシーな味わいで、ジャケットに写された伏し目がちなMiddle Manの哀愁漂うダンディズムはボズ・スキャッグスやスティングに近いテイストも滲ませている。ピーター・アースキン(dr)が参加している以外は特に有名どころのミュージシャンが参加していると云うわけではないが、サウンド、アレンジともかなりジャジー寄りで、そのレベルは高い。




 先ずはすぐに思いつく名前として、ボズやスティングのビッグ・ネームを挙げたけど、やや鼻に掛かった太めの声質と哀愁を帯びた歌い口、ピアノとオルガンをこなすキーボード・プレイヤーでAOR系と聞けば、デヴィッド・サンボーンの片腕として活躍したリッキー・ピーターソンを思い出す方も少なくないだろう。彼のファンキー度合いを薄めて、その分ジャジーにした感じの音楽、とでも喩えたらいいだろうか。ブルー・アイド・ソウル系AORファンの前に突然ふらりと現れた久々のニューフェイス(って、誰以来だよ・・・苦笑)。

※4月のレコメンドCDにした時はそんな話は知る由も無かったのだが、この度めでたく国内盤リリース(Pヴァインより)も決まったそうだ。

 
 さて、気になる曲を幾つか掻い摘んで取り上げて行くことにしよう。

 アルバムはタイトル・ナンバーの①で幕を開ける。こぼれる様な音色が清々しいピアノのソロ演奏からからギター、ベース、ドラムスと徐々に音が重ってゆくイントロは如何にもオープナーに相応しいAORチューン。リリカルなピアノ、ディレイを効かせたナチュラル・トーンのギター・アルペジオにそれぞれ相反するような個性のハモンドB3とブルージーなフレイジングのギターがアーシーな味わいを付け加えているのが印象的だ。
 リッキー・ピーターソンのイメージを重ねてしまった所為だろうか、ビル・ラバウンティの名曲“LIVIN' IT UP”をつい思い出してしまう。

 ジャズ度合いが高いと書くと、途端に敬遠するAORファンも居るので敢えて云っておくが、この作品の軸足はあくまでロック・サイドにある。1曲としてこれは完全なるジャズだ!と割り切れる楽曲はここには無い(それでも本当なら、僕の主観としてもジャズ度は3でもいいくらい高いけど)。この辺りはやはりかつてのスティングのアルバム『ブルー・タートルの夢』を思い出して頂くのが良いサンプルだろう。ブランフォード・マーサリスやオマー・ハキム・ダリル・ジョーンズらが参加してとてもジャジーなアルバムだったけど、あれはあくまでロック・フィールドに立脚したアルバムだった。
 このアルバムで一番にジャズ度が高いナンバーが②なのだが、クールに響き渡るソプラノ・サックスがまさにスティングとブランフォードの組み合わせを思い出させるものとなっている。

 ③はまたもやローレンスの美しいピアノ・ソロのイントロからナイロン・ストリングス・ギターがメランコリックな情緒を盛り上げるメロウ・ナンバー。

 ⑤はグッとテンポを落としたせつなめのスロウ・バラッド。彼自身の弾くピアノやキーボード類の他はフレットレス・ベースとドラムだけのスカスカの構成も情感たっぷりのヴォーカルでしっとりと聴かせる好チューン。

 再びジャズ度の高い⑥ではSTEPSなどでの活躍で知られるニューヨークのファースト・コール、ピーター・アースキンがドラムスを担当。ここでのローレンスはピアノで長めのソロを執りジャズ・ピアニストとしてのスキルも披露する。歌詞とも相まってなかなかに映像的な楽曲で僕の気に入りの1曲。

 ⑨はジャジーなブルーズと云った風情の曲なのだが、この手のアプローチがボズ・スキャッグスを思い出させる部分。またもやハモンドB3が活躍し黒さ倍増。但し、AORファンには好かれない典型なのかなぁ、この手が一番。僕は嫌いじゃないんだけどね・・・(苦笑)。




Surrounded サラウンデッド
ローレンス・エルダー (2007/06/20)
Pヴァイン・レコード

この商品の詳細を見る


01. SURROUNDED BY YOU
02. MANHATTAN
03. THE OCEAN
04. GOING HOME
05. WRONG
06. THE FALL
07. SO EASY
08. SING MY NAME
09. MIND HAS A MIND
10. WONDER
11. ROCKET MAN

All words and music by Laurence Elder


■musicians
Laurence Elder : vocal, piano, B3organ, keyboards
Carlomagno Araya :drums, percussion
Ramses Araya : data drums
Peter Erskine : drums
Javier Carrion : e-bass
Dan Warner : guitars
Jamie Ousley : acoustic bass
Paquito D'Rivera : soprano sax
Nicky Orta : e-bass
Gaby Vivas : fletless bass
Leo Quintero : guitars
Andrew Synowic : guitars
Golder O'Neill : e-bass
Beth Cohen : backing vocal

produced by Laurence Elder and Carlomagno Araya
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。